トップページ > ニュースライン > トレンドボックス > 「模倣被害実態調査報告書」 被害企業は推計9284社(特許庁)

トレンドボックス

「模倣被害実態調査報告書」 被害企業は推計9284社(特許庁)

 特許庁はこのほど、「模倣被害実態調査報告書」を取りまとめた。2016年度において日本の産業財産権を保有する企業のうち、同年度中に模倣被害を受けた企業数(全体推計)は、9284社(全体の5.4%)だった。また、模倣被害の状況を模倣品の製造国(地域)、経由国(地域)および販売提供国(地域)に分けてみると、製造国が中国(香港を含む。以下同じ。)である企業数(全体推計)は3315社、経由国が中国である企業数(全体推計)は2066社、販売提供国が中国である企業数(全体推計)は2623社であり、いずれも中国が最多であった。

 詳細は、http://www.jpo.go.jp/shiryou/toukei/mohou_higai.htmを参照。

 

    特許庁 http://www.jpo.go.jp/indexj.htm