トップページ > ニュースライン > トレンドボックス > SDGsに向けた国際標準化のアイデアを募集(経済産業省)

トレンドボックス

SDGsに向けた国際標準化のアイデアを募集(経済産業省)

 経済産業省は、国連が採択した「持続可能な開発目標(SDGs)」に関連し国際標準化を通じて日本企業のビジネス機会を広げうる領域のアイデアを募集する。産業構造やビジネスモデルがかつてないスピードで変化することが予想される中、国連では発展途上国のみならず先進国を含めた世界全体が目指すべき目標として2015年にSDGsを採択。SDGsでは「貧困をなくす」「飢餓をゼロに」など、17のゴールを定めている。

 経済産業省は、「世界全体の課題の解決に向けたソリューションの提供は、大きなビジネス機会」としており、これらのSDGs関連の国際市場へアクセスするためには、例えば、ゴールに関連した製品やサービスの品質認証による差別化や、SDGs達成に貢献する経営規範の確立・認証など、国際標準化を活用した手法が重要になることが予想される。経済産業省では、このような観点から、SDGsに向けた国際標準化戦略への支援を検討しており、関連する情報の提供や相談を広く受け付ける。締め切りは330日。

 詳細は、http://www.meti.go.jp/press/2017/02/20180219001/20180219001.htmlを参照。

 

    経済産業省 http://www.meti.go.jp/