トップページ > ニュースライン > トレンドボックス > 12月から模倣品・海賊版撲滅キャンペーン実施(経産省・特許庁)

トレンドボックス

12月から模倣品・海賊版撲滅キャンペーン実施(経産省・特許庁)

 経済産業省と特許庁は121日から、平成29年度「模倣品・海賊版撲滅キャンペーン」を実施する。キャンペーンのキャッチコピーは「本物を買った。未来が笑った。」。「本物」を買うことが自分の幸せ、世の中の幸せにつながっていくことを啓発し、自らが模倣品・海賊版を購入しないという意識の形成を図るため、消費が増えることで模倣品・海賊版に遭遇する機会が増えてくる10代後半の消費者を主な対象に、特設ウェブサイトの開設や動画の配信、体感型イベントの開催を行う。

 詳細は、http://www.meti.go.jp/press/2017/11/20171127003/20171127003.htmlを参照。

 

    キャンペーン特設サイト http://www.jpo.go.jp/mohouhin/29fy/campaign/121日開設予定)

    経済産業省 http://www.meti.go.jp/

    特許庁 http://www.jpo.go.jp/indexj.htm