トップページ > ニュースライン > トレンドボックス > 平成29年度の中小の賃金引き上げ、66.1%が実施(経済産業省)

トレンドボックス

平成29年度の中小の賃金引き上げ、66.1%が実施(経済産業省)

 経済産業省はこのほど、平成29年「中小企業の雇用状況に関する調査」の集計結果を取りまとめまた。正社員の1人当たり平均賃金の引き上げについて、「引き上げる/引き上げた」とする企業の割合は、平成28年度は59.0%、29年度は66.1%であった。「引き上げる/引き上げた」と回答した企業の理由で最も多かったのは28 29年度ともに「人材の採用・従業員の引き留めの必要性」で、28度は45.5%、29年度は49.2%となった。一方、「引き上げない/引き上げていない」と回答した企業の理由として、28 29年度共に「業績回復・向上が不十分」が最も多くなっており、賃上げを実施していない企業では、業績が低迷していることが賃上げを妨げている状況がうかがえる。

 詳細は、http://www.meti.go.jp/press/2017/10/20171023002/20171023002.htmlを参照。

 

    経済産業省 http://www.meti.go.jp/

    中小企業関連 https://www.jcci.or.jp/sme/

    雇用・労働 https://www.jcci.or.jp/sme/labor/