トップページ > ニュースライン > トレンドボックス > 「職場における死亡災害撲滅に向けた緊急要請」を実施(厚生労働省)

トレンドボックス

「職場における死亡災害撲滅に向けた緊急要請」を実施(厚生労働省)

 厚生労働省は、このたび、平成29年の労働災害による死亡者数(1月~8月の速報値)が対前年比で増加し、特に8月に急増したことを受け、労働災害防止団体や関係事業者団体を通し、職場における死亡災害撲滅に向けた緊急要請を行った。

 9月20日に公表された、平成29年の労働災害発生状況(1月~8月の速報値)では、死亡者数が対前年比9.6%(49人)の増加、休業4日以上の死傷者数が対前年比0.9%(600人)の増加となった。また、8月単月の死亡者数は66人となり、対前年同月比57.1%(24人)の大幅な増加となっている。

 労働災害は本来あってはならないものであり、死亡災害の撲滅及び労働災害全体の減少に向け、基本的な安全活動の着実な実施・確認という原点に立ち返って安全衛生活動を今一度総点検することが求められる。

 詳細はhttp://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000178011.htmlを参照。

 

 (参考)労働災害発生状況(平成29年1月~8月の速報値)

http://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-11302000-Roudoukijunkyokuanzeneiseibu-Anzenka/0000178213.pdf

 

    厚生労働省 http://www.mhlw.go.jp/

    雇用・労働 https://www.jcci.or.jp/sme/labor/