トップページ > ニュースライン > 地域最前線 > 木のおもしろさ、モノづくりの楽しさを体感できる木育イベント開催(岐阜商工会議所)

地域最前線

木のおもしろさ、モノづくりの楽しさを体感できる木育イベント開催(岐阜商工会議所)

 岐阜商工会議所(村瀬幸雄会頭・十六銀行)、岐阜髙島屋、岐阜柳ケ瀬商店街振興組合連合会などで組織する実行委員会は8月18~21日、「岐阜の木」をテーマに木のおもしろさ、モノづくりの楽しさを体感して学べる木育イベント「Wood Go!!」を開催した。イベントでは、小・中学生を対象に「木育」に関わる多彩な体験型コンテンツを用意。県内外から中心市街地に来街する親子や家族を呼び込み、4日間で約2000人が来場した。

 イベントは、同所や岐阜髙島屋などが2018年に締結した「地域活性化に関する包括連携協定」と「岐阜県ブランド戦略に関する協定」の事業の一環。住民サービスの向上や産品・工芸品などのブランド力向上を目的に、特産品の展示販売会の実施、県産品をふるさと納税の返礼品として提供するなど、さまざまな取り組みを行ってきた。

 今回は、県土の約8割を占める森林を重要な資源として次世代に引き継いでいくため、林業、木材産業、木製品の加工・流通・販売などを、イベントを通じて子どもたちが楽しみながら学べる機会を提供。初日に行ったオープニングセレモニーで村瀬会頭は、「木に触れる機会が減少しているなかで、『Wood Go!!』では、木を削ったり香りを楽しんだり、五感で木を感じてほしい」とあいさつした。期間中、髙島屋の一室に森に見立てた空間を創出。VRを使用して山の中で行う伐採操縦体験、木の空間が体にもたらす影響を測定する木の研究所、木で皿や花をつくるワークショップや、柳ケ瀬商店街での自然発見ツアーや商店街にある木のパーツを集める木のオーナメントづくりなどを実施した。参加者には、職業体験を行った対価として、商店街や企画参加店舗で商品購入やサービスを受けることができる独自通貨「WOODチケット」を配布。参加店舗や商店街のにぎわい創出、地域経済活性化にもつなげた。

 参加者は、「木の香りを感じながら行ったストレスチェックの研究がおもしろかった」「かんなくずから花をつくるアイデアに驚いた」などと話し、商店街の協力店舗からは、「店を多くの人に知ってもらえてうれしい」「オーナメントのパーツを求めてそのまま買い物をしてくれた」などの声が寄せられた。

 詳細は、https://woodgo.jp/を参照。

 

(画像:イベント会場(左上)、木のお花づくり(右上)、木こりなりきり体験(左下)、林業VR体験(右下))

        会場1.jpg     【WS】木の花づくり.JPG

 

        木こりなりきり体験.jpg     【職業体験】重機操縦.JPG

 

 

   岐阜商工会議所http://www.gcci.or.jp

   地域振興情報http://www.jcci.or.jp/region/

   まちナビhttp://www.jcci.or.jp/region/town/

   日商AB(渋川商工会議所)https://ab.jcci.or.jp/tag/958/