トップページ > ニュースライン > 地域最前線 > 2022年版「小規模企業白書」で取り組み紹介(川越商工会議所)

地域最前線

2022年版「小規模企業白書」で取り組み紹介(川越商工会議所)

 川越商工会議所(埼玉県、立原雅夫会頭・立原電機)の取り組みが2022年版「小規模企業白書」で「対話と傾聴を重視した事業者への支援の実践に取り組む商工会議所」として取り上げられている(第2部「新たな時代へ向けた事業見直しと地域内連携」第1章「小規模事業者の事業見直し」181ページ)。同所は最前線で活躍する経営指導員から学び、対話と傾聴を重視した支援の実践を積むことで、経営指導員が積極的に事業者の悩みに向き合えるようになり、事業者からの相談件数も増加。「全経営指導員が“かかりつけ医”のような伴走型支援をできるように、今後も経験値を積み上げていきたい」と意欲をみせる。

詳細は、https://www.chusho.meti.go.jp/pamflet/hakusyo/2022/PDF/shokibo.htmlを参照。

 

川越商工会議所 http://www.kawagoe.or.jp/

中小企業関連情報 http://www.jcci.or.jp/sme/

日商AB(川越商工会議所) https://ab.jcci.or.jp/tag/318/