トップページ > ニュースライン > 地域最前線 > 事業承継に関するアンケート調査結果を公表(徳島県連)

地域最前線

事業承継に関するアンケート調査結果を公表(徳島県連)

 徳島県商工会議所連合会(寺内カツコ会長・徳島商工会議所会頭)はこのほど、県内中小企業の「事業承継」に関するアンケート調査の結果を公表した。アンケート調査は、徳島県連が県内6商工会議所の会員企業を対象に四半期ごとに実施している「景況調査」の2022年3月31日調査(調査対象期間:2021年度第4四半期)において実施したもの。対象数306社のうち254社から回答を得た。

 調査結果によると、事業承継の状況について「すでに後継者または候補が決まっている(親族・役員・従業員など)」と答えた割合は26.8%、「いずれは必要だと思うがまだ決まっていない」が26.8%だった。「事業承継を考えていない」企業は16.5%で、その理由は「経営状況が良くないので継がせられない」が最も多かった。事業承継について相談できる相手が「いる」と答えた企業は60.3%。相談相手は、「商工会議所職員」「金融機関」の割合が高かった。

 詳細は、https://www.tokushimacci.or.jp/statistics/を参照。

 

   中小企業関連情報http://www.jcci.or.jp/sme/

   日商AB(徳島県商工会議所連合会)https://ab.jcci.or.jp/tag/2440/