トップページ > ニュースライン > 地域最前線 > 臼杵藩主から引き継いだ「菓子製法」から和菓子2種類を再現(臼杵YEG)

地域最前線

臼杵藩主から引き継いだ「菓子製法」から和菓子2種類を再現(臼杵YEG)

 臼杵商工会議所(大分県、小手川強二会頭・フンドーキン醤油)青年部(臼杵YEG)はこのほど、臼杵藩主から引き継いだ江戸時代の古文書「菓子製法」を参考に再現した2種類の和菓子を発表した。今回、お披露目したのは、臼杵市産ブランドのさつまいも「甘太くん」を使った「黄金の芋ようかん」と臼杵産のかぼすを使った「カボスの琥珀糖」。古文書に記載のあった和菓子の名前とイラストから、醸造のまちとして知られる市のみそやしょうゆも使用し、地元産の食材を生かした黄色と黄緑の色合いや爽やかな味わいを表現した。

 同YEGでは、「菓子製法」を活用した商品開発による地産地消や臼杵の歴史・文化の後世への伝承などを目指して昨年4月に「和菓子実行委員会」を設立し、試作を重ねてきた。今後、市独自のブランド認証「うすきの地もの」への登録を申請。イベントや学校行事などでの活用・販売、歴史的建築物などでの和菓子を使用したお茶会の実施のほか、ホームページやインスタグラムなどのSNSも活用し、市の名産品として和菓子を広くPRしていく。

 

 1643070125724.jpg

 

 

   臼杵商工会議所http://usukicci.jp/

   地域振興情報http://www.jcci.or.jp/region/

   地域のブランド戦略https://www.jcci.or.jp/region/brand/

   まちナビhttp://www.jcci.or.jp/region/town/

   日商AB(臼杵商工会議所)https://ab.jcci.or.jp/tag/1577/