トップページ > ニュースライン > 地域最前線 > ロシアのウクライナ侵攻による影響調査結果発表(北海道商工会議所連合会)

地域最前線

ロシアのウクライナ侵攻による影響調査結果発表(北海道商工会議所連合会)

 北海道商工会議所連合会(岩田圭剛会長・札幌商工会議所会頭)はこのほど、ロシアのウクライナ侵攻による経済への影響について、道内の商工会議所を通じて154の会員企業・団体にヒアリングした結果を取りまとめ、公表した。影響が出ている品目は海産物(57件)、燃料(49件)、資材(25件)、木材・合板(18件)、自動車(13件)、金属(10件)、飼料(4件)、肥料(3件)など。輸入・輸出停止措置や価格高騰等により、幅広い品目に影響が出ていることが明らかになった。調査期間は3月10~4月8日。

 海産物では「ロシア産紅鮭が入手困難」(登別)、「入札等が行われず原料(ロシア産タラコ)が入ってこない。水産加工業を継続できるかどうかの問題」(小樽)、「北方四島産のウニが入荷していない」(釧路)などの指摘があり、燃料についてはあらゆる業種で影響が出ており、「消費者の買い控えで売上も減少」(稚内・小売)、「これ以上燃料代が高騰したら利益は出ない。下請けなので価格転嫁もできない」(釧路・運輸)などの厳しい声も寄せられている。 

 詳細は、https://www.hokkaido.cci.or.jp/files/20220422.pdfを参照。

 

 

   北海道商工会議所連合会https://www.hokkaido.cci.or.jp/

   中小企業関連情報https://www.jcci.or.jp/sme/

   国際関連情報https://www.jcci.or.jp/international/

   日商AB(北海道商工会議所連合会)https://ab.jcci.or.jp/tag/1037/