トップページ > ニュースライン > 地域最前線 > 23区内中小企業のテレワーク実施率は38%(東京商工会議所)

地域最前線

23区内中小企業のテレワーク実施率は38%(東京商工会議所)

 東京商工会議所(東京都、三村明夫会頭・日本製鉄)はこのほど、「中小企業のテレワーク実施状況に関する調査」結果を発表した。2022年2月の東京23区における中小企業のテレワーク実施率は、前回調査(21年11月)と比べて6.6ポイント増の37.8%。企業からは、新型コロナウイルス「オミクロン株」の出現により感染拡大の状況が続いていることから、出勤人数を抑制し、社内での3密を避けるため積極的にテレワークを実施しているという声が聞かれた。企業規模(従業員数)別および業種別では、全ての企業規模、業種でテレワーク実施率が増加した。調査期間は22年2月14日~24日で、東京23区の中小企業2141社を対象に実施し、558社から回答を得た(回答率26.1%)。
 詳細は、https://www.tokyo-cci.or.jp/page.jsp?id=1029264を参照。

   

   東京商工会議所 https://www.tokyo-cci.or.jp/
   中小企業関連情報 http://www.jcci.or.jp/sme/
   日商AB(東京商工会議所) https://ab.jcci.or.jp/tag/259/