トップページ > ニュースライン > 地域最前線 > 葛飾区風水害BCPワークブックを発行(東京商工会議所)

地域最前線

葛飾区風水害BCPワークブックを発行(東京商工会議所)

 東京商工会議所(東京都、三村明夫会頭・日本製鉄)葛飾支部はこのほど、「小さな会社・事業者のための葛飾区風水害BCPワークブック」を発行した。葛飾区は区の半分近くが東京湾の海面より低いゼロメートル地帯で風水害発生時、事業者に深刻な影響が及ぶ可能性があり、また小規模事業者のBCP策定が進んでいないことから、小規模事業者が自らBCPを策定できるように分かりやすく説明したもの。ハザードマップなどを用いて地理的特徴を把握するとともに、平時の備えから風水害発生時の被害想定、避難方法、被災後の対応までを時系列で整理している。質問に回答する形式で書き進めていくことで事業所の風水害対応計画(簡易版BCP)が完成するワークブック形式となっている。A4版・カラー、全24ページ。
 詳細は、https://www.tokyo-cci.or.jp/page.jsp?id=1029268を参照。

  

  東京商工会議所 https://www.tokyo-cci.or.jp/
  中小企業関連情報 http://www.jcci.or.jp/sme/
  日商AB(東京商工会議所) https://ab.jcci.or.jp/tag/259/