トップページ > ニュースライン > 地域最前線 > 雪を活用した体験型周遊観光開発へモニターツアー実施(湯沢商工会議所)

地域最前線

雪を活用した体験型周遊観光開発へモニターツアー実施(湯沢商工会議所)

 湯沢商工会議所(秋田県、和賀幸雄会頭・和賀組)はこのほど、雪室を活用した商品開発に挑む事業者の団体「秋田・湯沢雪中貯蔵協会」や湯沢市ビジネス支援センター「ゆざわ-Biz」などと連携して、雪室見学を中心とした1泊2日のモニターツアーを実施した。アフターコロナのインバウンド需要を見据え、雪を地域資源として活用した体験型周遊観光の開発を目指す取り組み。観光庁の「地域の観光資源の磨き上げを通じた域内連携促進に向けた実証事業」に採択された。

 ツアーには、同市へ移住して1年以内の5人(日本人)が参加。キャンプ場の一角に貨物コンテナを雪で覆ってつくった雪室を見学し、貯蔵されている野菜や果物などの試食を行ったほか、雪中貯蔵の日本酒とフルーツでのカクテルづくり、スノートレッキングなども楽しんだ。雪室内部は気温0度、湿度90%に保たれるため長期保存ができ、野菜などの甘みが増すという。当初は台湾などからの旅行者に向けたプランとして企画したが、コロナ禍の影響で変更。今後は、さらに内容を検討しながら商品化を目指す。また、雪中貯蔵商品は、ネット販売を行う予定だ。

 (写真:雪室と貯蔵商品の野菜などを見学)

 

  写真3.JPEG

 

   湯沢商工会議所https://www.yuzawacci.or.jp/

   地域振興情報http://www.jcci.or.jp/region/

   観光ナビhttp://www.jcci.or.jp/region/tourism/

   地域のブランド戦略http://www.jcci.or.jp/region/brand/

   日商AB(湯沢商工会議所)https://ab.jcci.or.jp/tag/900/