トップページ > ニュースライン > 地域最前線 > 大規模水素サプライチェーンの社会実装に関する提言書を知事に提出(名古屋商工会議所)

地域最前線

大規模水素サプライチェーンの社会実装に関する提言書を知事に提出(名古屋商工会議所)

 名古屋商工会議所(愛知県、山本亜土・名古屋鉄道)と中部経済連合会、中部経済同友会は1月18日、「中部圏における大規模水素サプライチェーンの社会実装に関する提言」を大村秀章愛知県知事に手渡した。提言書は、中部圏が大規模水素サプライチェーンのモデル地域となることを目指すもの。カーボンニュートラル達成に向け、CO2削減余地や将来的に大きな水素需要が見込める同地域がロールモデルとして最適であることなどを訴え、官民一体となった取り組みを要請している。また、トヨタ自動車をはじめ水素の需要拡大・サプライチェーン構築を目指す民間企業17社で構成する中部圏水素利用協議会も「中部圏における大規模水素社会実装実現に向けた提言書」を提出し、大規模水素受け入れ・配送事業の社会実装や県への支援要望などを伝えた。

 詳細は、下記を参照。

 https://www.nagoya-cci.or.jp/action/action-detail.html?aid=892&nendo=2022

 

   名古屋商工会議所https://www.nagoya-cci.or.jp/

   地域振興情報http://www.jcci.or.jp/region/

   日商環境ナビhttp://eco.jcci.or.jp/

   日商AB(名古屋商工会議所)https://ab.jcci.or.jp/tag/629/