トップページ > ニュースライン > 地域最前線 > 職員有志が和装で「きものの日」アピール(京都商工会議所)

地域最前線

職員有志が和装で「きものの日」アピール(京都商工会議所)

 京都商工会議所(塚本能交会頭・ワコールホールディングス)では、11月15日の「きものの日」に職員有志がきものを着て勤務し、きものの魅力をアピールした。きものの日は、京都市内に事務局を置く一般社団法人全日本きもの振興会が1966年の設立時に制定。50周年の2016年からきもの業界や省庁、地方公共団体などと連携し、この日にきものの着用を勧める活動を実施している。同所では2016年から参加。毎年20人前後がきものを着用しており、今年は24人が和装で勤務した。「これから京都は秋の紅葉シーズン。京都の観光地では感染対策の上、皆さまのお越しを心待ちにしています。ぜひきもの姿で京都のまちへお出掛けください」ときものでの観光を呼び掛けた。

 (写真左:「きものの日」をアピールする職員、右:仕事もきもの姿で)

 ※写真撮影時のみ、マスクを外しています

 

     【京都商工会議所】きものの日 (1).jpg   【京都商工会議所】きものの日 (2).jpg

 

   京都商工会議所 https://www.kyo.or.jp/kyoto/

   地域振興情報 http://www.jcci.or.jp/region/

   まちナビ http://www.jcci.or.jp/region/town/

   日商AB(京都商工会議所)https://ab.jcci.or.jp/tag/657/