トップページ > ニュースライン > 地域最前線 > バナメイエビ陸上養殖試験の成果を発表(尾鷲商工会議所)

地域最前線

バナメイエビ陸上養殖試験の成果を発表(尾鷲商工会議所)

 尾鷲商工会議所(三重県、伊藤整会頭・伊藤工作所)と尾鷲市、中部電力でつくる「おわせSEAモデル協議会」はこのほど、バナメイエビの陸上養殖試験の成果を発表した。同協議会は環境省の「地域循環共生圏の創造に取り組む活動団体」に選定されており、エビ養殖の取り組みは、2019年から推進する中部電力尾鷲三田火力発電所跡地を活用して市の活性化を目指すプロジェクトの一つで、尾鷲の豊かな自然と新たなエネルギーの活用による新ビジネスの創出を目指すもの。昨年の海ブドウの栽培実験に続き、今回は三重大学や三重県栽培漁業センターなどの協力を得て推進している。養殖は、広域ごみ処理施設などで発生する排熱を利用し、水槽の浄化が不要で低コストのバイオフロック(微生物集合体)を用いた養殖システムを採用。今年6月に水槽に入れた稚エビが約4カ月で体調10cm程度の出荷できるサイズまで成長した。今後は、養殖に成功したエビの商品化を目指し、尾鷲、東紀州の新たな資源として事業化を検討していくという。

 詳細は、おわせSEAモデルウェブサイト(https://www.owase-seamodel.jp/)を参照。

 

   尾鷲商工会議所http://owasecci.com/

   地域振興情報http://www.jcci.or.jp/region/

   まちナビhttp://www.jcci.or.jp/region/town/

   日商AB(尾鷲商工会議所)https://ab.jcci.or.jp/article/43294/