トップページ > ニュースライン > 地域最前線 > 「不妊治療と仕事の両立に関する実態調査」を実施(秋田商工会議所)

地域最前線

「不妊治療と仕事の両立に関する実態調査」を実施(秋田商工会議所)

 秋田商工会議所(三浦廣巳会頭・秋田日産自動車)はこのほど、同所会員企業のNPO法人フォレシアと連携し、全国の商工会議所の会員企業を対象にした「不妊治療と仕事の両立に関する実態調査」を実施する。

 同所は、人口自然減への取り組みが国および県の人口減少問題における重要課題であるとの認識の下、昨年12月、不妊治療と仕事の両立に向けた社会環境の整備についての要望書を菅義偉内閣総理大臣に提出。こうした中、企業における不妊治療の実情を把握し、特に中小企業における不妊治療と仕事の両立支援の推進につなげるため、同調査を実施する。調査期間は10月30日まで。

 詳細は、以下を参照。

各地商工会議所向け依頼文https://www.jcci.or.jp/i/1005_akita_kakuti.pdf

各地商工会議所会員企業向け依頼文https://www.jcci.or.jp/i/1005_akita_kaiin.pdf

 

 

   秋田商工会議所https://www.akitacci.or.jp/

   中小企業関連情報http://www.jcci.or.jp/sme/

   日商AB(秋田商工会議所)https://ab.jcci.or.jp/tag/517/