トップページ > ニュースライン > 地域最前線 > 「馬肉の日」制定10周年で独特の食文化をアピール(長井商工会議所)

地域最前線

「馬肉の日」制定10周年で独特の食文化をアピール(長井商工会議所)

 長井商工会議所(山形県、加藤眞佐夫会頭・加藤紙器)は8月29日、2012年に同所が全国で初めて制定した「馬肉の日」10周年に合わせて「ながい馬肉マップ第10号」をリニューアルした。マップでは、「馬刺し」「馬肉チャーシュー」などの料理を日常的に食べる独特の食文化の紹介や、市内で馬肉料理や馬肉関連商品を取り扱っている20店舗の情報を掲載。「馬肉の日」限定サービスのほか、低脂肪高タンパクの自然健康食品である「馬肉」をアピールしている。当日は、小学生向けイベントとして、イメージキャラクターのゆるキャラ「バーニック・ナガイ」と本物のトーチを持って市内中心商店街で聖火リレーを再現する「聖火リレーinながい馬肉の日」も同時開催。「馬肉の日」を広くアピールしている。

 詳細は、http://samidare.jp/829/box/banikumap101s.pdf参照。

 

 

   長井商工会議所http://www.nagai-cci.or.jp/

   地域振興情報https://www.jcci.or.jp/region/

   まちナビhttps://www.jcci.or.jp/region/town/

   日商AB(長井商工会議所)https://ab.jcci.or.jp/tag/983/