トップページ > ニュースライン > 地域最前線 > 北海道、札幌市、7経済団体で出勤者数削減共同メッセージ発出(道商連など)

地域最前線

北海道、札幌市、7経済団体で出勤者数削減共同メッセージ発出(道商連など)

 北海道商工会議所連合会(岩田圭剛会長・札幌商工会議所会頭)など北海道内7経済団体と、北海道、札幌市の9者は、新型コロナウイルス感染症対策の一環で「ほっかいどう出勤者数削減官民共同メッセージ」を取りまとめ、公表した。8月27日から緊急事態宣言の対象地域となった北海道全域で、出勤者数の削減につながる取り組みが進むよう、相互に連携して、支援策の活用促進や相談対応、普及・啓発を行う。具体的には、出勤者数の削減に向けて、テレワーク(在宅勤務、サテライト勤務、モバイルワーク)、時差出勤、フレックスタイム、ローテーション勤務、休暇の取得促進などを呼び掛ける。

 詳細は、札幌市のサイト

https://www.city.sapporo.jp/2019n-cov/shukkinsha_sakugen.htmlを参照。

 

 

   北海道商工会議所連合会https://www.hokkaido.cci.or.jp/

   新型コロナウイルス感染症対策事業https://ab.jcci.or.jp/article/16709/

   日商AB(北海道商工会議所連合会)https://ab.jcci.or.jp/tag/1037/