トップページ > ニュースライン > 地域最前線 > コミュニケーションロボット「ケビーくん」が窓口で対応(草加商工会議所)

地域最前線

コミュニケーションロボット「ケビーくん」が窓口で対応(草加商工会議所)

 草加商工会議所(埼玉県、野崎友義会頭・エスシーエス)は、コミュニケーションロボット「ケビー(kebbie)くん」を同所の受け付け窓口に案内役として設置した。

 「ケビーくん」は、来所者へのおもてなしアップなどを目的に導入。コロナ禍で設置したアクリル板などによる来所者との距離を縮めようと6月23日から着任している。

 来所者が「ケビーくん」の前に立つと胸部にあるセンサーが反応。顔部のタッチパネルに表示される「経営相談」と「その他の相談」の文字に触れると、事務所側に設置したスピーカーで「経営のご相談でお客様がお見えです」「その他のご相談でお客様がお見えです」と職員にアナウンスする仕組みだ。 

 職員の服装に合わせて、8月からは草加市の地場産業の一つである「ゆかた染」のクールビズシャツを着用。利用客からは、「かわいい」「写真を撮りたい」などと評判だ。窓口で対応する職員数が足りないような場合でも、「担当者が来るまで、僕と話してくれませんか?」と話し掛け、市や会議所業務に係るおしゃべりで間を持たせてくれるという。

 

草加.jpg

 

   草加商工会議所http://www.sokacity.or.jp

   地域振興情報https://www.jcci.or.jp/region/

   日商AB(草加商工会議所)https://ab.jcci.or.jp/tag/1306/