トップページ > ニュースライン > 地域最前線 > 都心エリアのにぎわい創出へ大規模社会実験を実施(仙台商工会議所)

地域最前線

都心エリアのにぎわい創出へ大規模社会実験を実施(仙台商工会議所)

 仙台商工会議所(宮城県、鎌田宏会頭・七十七銀行)と仙台市が事務局を務める定禅寺通活性化検討会は、8月20日から9月7日まで、青葉区の定禅寺通(じょうぜんじどおり)を車線規制して、さまざまなイベントを開催する。同エリアの賑わい創出を目的とした大規模社会実験として実施するもので、ファッション・雑貨を中心とした「ストリートマーケット」、アウトドア・スポーツ用品や体験型コンテンツをそろえた「アウトドア・スポーツ・ヘルスケアウイーク」などを予定。歩行空間を広げて都心エリアの魅力向上を目指す。

 詳細は、https://www.jozenji-street.com/jss/を参照。

 

   仙台商工会議所https://www.sendaicci.or.jp/

   地域振興情報http://www.jcci.or.jp/region/

   まちナビhttp://www.jcci.or.jp/region/town/

   地域のブランド戦略http://www.jcci.or.jp/region/brand/

   日商AB(仙台商工会議所)https://ab.jcci.or.jp/tag/996/