トップページ > ニュースライン > 地域最前線 > 未来社会の実験場「コモングラウンド・リビングラボ」開設(大阪商工会議所)

地域最前線

未来社会の実験場「コモングラウンド・リビングラボ」開設(大阪商工会議所)

 大阪商工会議所(尾崎裕会頭・大阪ガス)と民間企業5社で構成するコモングラウンド・リビングラボ運営委員会は、2025年大阪・関西万博を見据えた、人とロボットが共に暮らす未来社会の実験場「コモングラウンド・リビングラボ」を7月1日、大阪市内の中西金属工業敷地内にオープンした。コモングラウンドは、大阪・関西万博が目指すSociety5.0の実現に貢献する次世代都市の空間情報プラットフォーム。ラボはシェアオフィスと共同実験場で構成され、カメラやLiDAR(ライダー)などのセンサー技術を活用し、フィジカル空間とそれを再現したデジタル空間との間で、リアルタイムかつ双方向に情報をやり取りすることができる。施設は、同運営委員会が会員制で運営。当初の参画企業は15社で、今後も幅広く参画企業を募集していく予定だ。

 詳細は、https://www.osaka.cci.or.jp/Chousa_Kenkyuu_Iken/press/210701cmn.pdfを参照。

 

 

   大阪商工会議所https://www.osaka.cci.or.jp/

   地域振興情報http://www.jcci.or.jp/region/

   まちナビhttp://www.jcci.or.jp/region/town/

   ものナビhttp://www.jcci.or.jp/region/monodukuri/