トップページ > ニュースライン > 地域最前線 > 南部せんべいのPR販売会を開催(八戸商工会議所)

地域最前線

南部せんべいのPR販売会を開催(八戸商工会議所)

 八戸商工会議所(青森県、河村忠夫会頭・ライケット)は5月2日、南部せんべい発祥の地とされる市の業界再生を目指す「八戸の南部せんべいブランド力向上プロジェクト」の一環として、南部せんべいのPR販売会を開催した。

 販売会には、参加した6店舗合計で67種類の南部せんべいが並んだ。手軽にさまざまな味を食べてもらおうと、各店舗のせんべいを1枚や2枚入りの個包装にして1枚50円から販売。ごまや豆などの定番商品のほか、チョコレートやチーズ、コーヒーなど、さまざまな味を少しずつ楽しんでもらえるようにした。さらに、同販売会に合わせて新たに開発した、各店舗の個包装8枚を詰め合わせたパック商品(540円(税込み))も販売。南部せんべいのアレンジレシピや豆知識を紹介したリーフレットを同封するなど、地元の業界を挙げて南部せんべいの新たな魅力発信を図る。

 参加した事業者は「お客さまにとっては選ぶ楽しみがあり、良い機会だった」「道の駅や観光施設で販売する可能性を探りたい」「個包装は気軽に配れる、しけらないなどの利点がある。お土産として買っていただければ」と期待を込めた。同所の担当者は「八戸のせんべい屋が新しい売り方に取り組んでいることをPRし、手土産用としての販路を広げたい。続けていくことが重要だ」と話した。

 商品は、市のお土産ショップやスーパーマーケットなどで販売中。個包装の商品は、地元の小売店でも取り扱っている。

 

 

   八戸商工会議所http://www.8cci.or.jp/

   地域振興情報http://www.jcci.or.jp/region/

   まちナビhttp://www.jcci.or.jp/region/town/