トップページ > ニュースライン > 地域最前線 > まちの緑化・デジタル活用へ、提言策定(岡山商工会議所)

地域最前線

まちの緑化・デジタル活用へ、提言策定(岡山商工会議所)

 岡山商工会議所(松田久会頭・両備ホールディングス)は、創立140周年に当たり、「2030年に向けたまちづくり提言」を策定。松田久会頭らが3月29日に大森雅夫市長に手渡し、実現を求めた。

 提言は、岡山市を日本一住みたい「ウェルビーングな都市(まち)」にしようと、SDGsなどの視点でまとめたもの。「人々が移動しやすいまち」を目標に、「MaaS特区」の設置やデジタル技術の活用による「健幸」産業の集積などを求めている。中心市街地区については、市内大通りの緑化推進などグリーンインフラとICTデジタルインフラを兼ね備えたハイブリッドタウンの構築を目指す。

 詳細は、以下を参照。

https://www.okayama-cci.or.jp/wp-content/uploads/2021/03/58b9b2df6b13899897e2813235b7bc0d.pdf

 

 

 

   岡山商工会議所 http://www.okayama-cci.or.jp/

   地域振興情報 http://www.jcci.or.jp/region/