トップページ > ニュースライン > 地域最前線 > 7月4日に「世界遺産検定」実施 (彦根商工会議所)

地域最前線

7月4日に「世界遺産検定」実施 (彦根商工会議所)

 彦根商工会議所(滋賀県、小出英樹会頭・キントー)は7月4日、「第44回 世界遺産検定」(NPO法人世界遺産アカデミー主催、文部科学省後援)の2級・3級・4級試験を同所で実施する。

 同検定は、世界遺産の基礎知識、日本の遺産、自然遺産、文化遺産、その他の分野などを問う内容。2006年以来、全国で20万人超が受検し、15万人以上が認定されている。

 彦根市では、2024年度の彦根城の世界遺産登録を推進しており、同所はその機運を高めようと、2018年から年2回彦根市民を対象に試験を実施。7回目となる今回から、対象者を滋賀県民、および県内の小中高大学に在籍する学生、県内の事業所に勤務する人へ拡大した。

 受験申し込みは4月28日まで。説明会(4月20日)と受験対策講座(6月5日)をオンラインで開催する。

 詳細は、https://www.hikone-cci.or.jp/seminar_events/seminar/7541/を参照。

 

 hikone_世界遺産検定.jpg

 

   彦根商工会議所https://www.hikone-cci.or.jp/

   地域振興情報https://www.jcci.or.jp/region/

   まちナビhttp://www.jcci.or.jp/region/town/ 

   観光ナビhttp://www.jcci.or.jp/region/tourism/