トップページ > ニュースライン > 地域最前線 > 「自然災害に際しての広域連携支援に関する基本協定書」を調印(桐生、太田、館林、佐野、足利商工会議所)

地域最前線

「自然災害に際しての広域連携支援に関する基本協定書」を調印(桐生、太田、館林、佐野、足利商工会議所)

 群馬県から栃木県にまたがる両毛五市(桐生市、太田市、館林市が群馬県、佐野市、足利市が栃木県)の5商工会議所では、かねてより共通する地域の諸問題解決に向け協議会を設置し交流事業を展開している。

 令和2年度は足利商工会議所を幹事に、種々の事業を実施してきたが、一昨年(2019年)の台風19号による風水害を教訓に、新たに「両毛五市商工会議所災害防止連携ワーキンググループ会議」(座長・菊地義典足利商工会議所副会頭)を設立し、広域連携による防災・減災の可能性を、昨年秋から半年にわたり検討してきた。

 3月19日、足利商工会議所で開催された上記ワーキング会議において「自然災害に際しての広域連携支援に関する基本協定書」をとりまとめ、同日開催の両毛五市商工会議所会頭会議において調印に至った。

 同協定書は、地域の商工業者および商工会議所が被災した場合の応援復旧、事業継続などの広域支援活動を迅速かつ円滑に遂行するための諸事項からなり、両毛五市商工会議所協議会では、「今回の基本協定書の調印を第一段階として、さらに連携を強化し防災・減災に努めていく」としている。

 

DSC05352.JPG

(写真右から、籾山和久会頭(桐生/サンフード)、正田隆会頭(館林/正田醤油)、

加藤正己会頭(太田/東亜工業)、吉澤愼太郎会頭(佐野/吉澤石灰工業)、

相馬稔会頭(足利/両毛ヤクルト販売)、菊地義典副会頭(足利/菊地歯車)、

石川雅之副会頭(太田/石川建設))

 

   桐生商工会議所http://www.kiryucci.or.jp/

   太田商工会議所http://www.otacci.or.jp

   館林商工会議所http://www.tatebayashi-cci.or.jp/

   佐野商工会議所http://www.sanocci.or.jp

   足利商工会議所https://ashikaga.info/

   地域振興情報 https://www.jcci.or.jp/region/