トップページ > ニュースライン > 地域最前線 > すべて下松市産「笠戸ひらめパエリアの素」を発売(下松商工会議所)

地域最前線

すべて下松市産「笠戸ひらめパエリアの素」を発売(下松商工会議所)

 下松商工会議所(山口県、弘中伸寛会頭、弘木工業)は、市特産「笠戸ひらめ」を使った新たな特産品「笠戸ひらめパエリアの素」を発売した。20日からは同市米川産米コシヒカリを合わせたギフトセットを販売する。

パエリアの素は笠戸ひらめのほか、市特産「来巻にんにく」や市内産エリンギなどのキノコを使用。米2合用が一つの缶に入っており、フライパンを使った調理に限らず、米と一緒に炊飯器で炊くと簡単にパエリアを作ることができる。缶は市内に主力事業所を置く東洋鋼鈑製で、全てを下松市産にこだわった。

 

 

  下松商工会議所 https://kudamatsu-cci.or.jp/

    地域振興情報 https://www.jcci.or.jp/region/

    地域のブランド戦略 http://www.jcci.or.jp/region/brand/