トップページ > ニュースライン > 地域最前線 > 市産の野菜を使用した新メニューを中華料理店で提供(安城商工会議所青年部)

地域最前線

市産の野菜を使用した新メニューを中華料理店で提供(安城商工会議所青年部)

愛知県安城市の中華料理店「東天紅」で、同市の「大橋農園」が生産したチンゲンサイを使用した新メニューの提供が始まった。両者をつなげたのは、安城商工会議所(愛知県、沓名俊裕会頭・東洋)青年部(安城YEG)。新型コロナウイルス感染拡大でダメージを受けている生産者を支援しようと、同会議所会員の同店に働きかけた。同青年部の深津貴弘副会長は「地域の発展なくして会社の発展はない。今後も地域の飲食店で輪が広がれば」と期待を寄せる。

 

 

  安城商工会議所 https://anjo-cci.or.jp/

  安城商工会議所青年部 https://anjo-yeg.jp/

    地域振興情報 https://www.jcci.or.jp/region/