トップページ > ニュースライン > 地域最前線 > ご当地ソーダ・サイダー開発で新名物に(恵庭商工会議所)

地域最前線

ご当地ソーダ・サイダー開発で新名物に(恵庭商工会議所)

 恵庭商工会議所(北海道、中泉澄男会頭・郷土建設)は、恵庭市の姉妹都市ニュージーランド・ティマル市の特産品であるブラックカラント(カシス)を原料にした飲料「ブラックカラントソーダ」を開発した。

 恵庭市とティマル市は2000年から、特産品の輸入・販売や、両市の文化を学ぶ青少年の派遣交流を継続してきた。新商品の販売でさらに経済交流を進めようと今回、同ソーダを開発。同時に同所の設立30周年を記念して「えびすくんサイダー」も製造した。

 ともに1本340ml、248円(税込み)で同所やネットショップなどで販売。

 詳細は、http://www.eniwa-cci.or.jp/topics2/2020/10/ga.htmlを参照。

 

 

 

   恵庭商工会議所 http://www.eniwa-cci.or.jp/

   地域振興情報 https://www.jcci.or.jp/region/

   地域のブランド戦略 http://www.jcci.or.jp/region/brand/