トップページ > ニュースライン > 地域最前線 > コロナ禍乗り越え、中小事業者8社が新商品・新サービスなどを記者発表会で披露(海南商工会議所)

地域最前線

コロナ禍乗り越え、中小事業者8社が新商品・新サービスなどを記者発表会で披露(海南商工会議所)

 海南商工会議所(和歌山県、神出勝治会頭・神出建設企業)は12月1日、マスコミ関係者に向けた「第2回 新商品・新サービス合同記者発表会」を開催する。

 参加するのは起業予定者を含む同所会員8事業所などで、9月からのプレスリリースセミナーや個別支援を経て、新型コロナウイルス感染症による影響を乗り越え、自社の新商品・新サービス、新たな販売手法などを合同で発表する。

 同所は、かねてより課題となっていた事業者のプロモーションやブランディング力強化を推進しており、優れた商品やサービスがありながら「つくり上手のPR下手」となっている地元中小企業の後押しを目的に、タイムリーな情報などを埋もれさせることなく発信する場を創出している。

 同発表会の第1部では1社約6分のプレゼンテーションを行い、第2部は各社への個別インタビュー時間としている。発表する商品・サービスなどは、伝統工芸紀州漆器『蒔絵』の技法でつくったマスクチャームや新商品「和歌山オムレット」の移動販売事業などコロナ禍における新しい生活様式に対応した事業など個性的なものばかり。同所では、今後もこの取り組みを継続していく考えだ。

 

図1.png

地元マスコミ各社が取材した第1回記者発表会(2019年7月31日)

 

 

 

   海南商工会議所 http://www.kainan-cci.or.jp/

   地域振興情報 https://www.jcci.or.jp/region/

   ものナビ https://www.jcci.or.jp/region/monodukuri/