トップページ > ニュースライン > 地域最前線 > 10月30日から11月1日、萩の地場産品を川崎で販売、首都圏での販路拡大目指す(萩商工会議所)

地域最前線

10月30日から11月1日、萩の地場産品を川崎で販売、首都圏での販路拡大目指す(萩商工会議所)

 萩商工会議所(山口県、藤井敏会頭・アート・カンパニー)は1030日から111日までの3日間、神奈川県川崎市のアゼリア(京浜急行川崎駅地下)で萩物産フェアを開催する。

 コロナ禍で会員事業者の売り上げが低迷する中、同所は攻める商工会議所として、感染症対策をしっかりとりながら、首都圏での販路拡大を目的に「萩物産フェア」の開催に挑戦する。同フェアでは、萩焼のほか、萩の地酒や萩かまぼこ、そして夏みかん菓子など萩市が誇る地場産品が並び即売する。

 なお、密を避けるため、萩市のゆるキャラ「萩にゃん。」の登場は今回見送るとのこと。

 

 

 

   萩商工会議所 https://hagicci.or.jp/index.html

   地域振興情報 https://www.jcci.or.jp/region/

   中小企業関連情報 http://www.jcci.or.jp/sme/

   新型コロナウイルス感染症対策事業 https://ab.jcci.or.jp/new-coronavirus/