トップページ > ニュースライン > 地域最前線 > 地域活性化と人材育成で、京都府立大学と初の包括連携協定を締結(京都商工会議所)

地域最前線

地域活性化と人材育成で、京都府立大学と初の包括連携協定を締結(京都商工会議所)

 京都商工会議所(京都府、塚本能交会頭・ワコールホールディングス)は9月30日、京都府立大学と「地域産業の活性化と人材育成に関する包括連携協定」を結んだ。同所と大学の包括連携協定は今回が初めて。大学研究成果と企業が相互協力をすることで、新産業の創出や地域経済の担い手となる産業人材の育成・確保への発展を目指す。

 同協定の期限は2年間で、両者が合意すれば2年ごとに更新していく。府立大との協力関係の構築を踏まえ、京都府内のほかの大学との連携づくりも視野に入れているという。

 同所の塚本会頭は「府立大では生命環境学部や公共政策学部、文学部の和食文化学科などで京都の産業に関わりの深い研究が行われている」と述べ、同所が「企業と大学の間に立ち、新たな展開を促す」と話した。

 

 

 

   京都商工会議所 http://www.kyo.or.jp/kyoto/

   地域振興情報 https://www.jcci.or.jp/region/

   中小企業関連情報 http://www.jcci.or.jp/sme/

   若者・女性の活躍推進 https://www.jcci.or.jp/sme/labor/youthandwoman/