トップページ > ニュースライン > 地域最前線 > 全産業の今期(7~9月期)の業況DI、4期ぶりに改善、来期(10~12月期)も改善の見通し(名古屋商工会議所)

地域最前線

全産業の今期(7~9月期)の業況DI、4期ぶりに改善、来期(10~12月期)も改善の見通し(名古屋商工会議所)

 名古屋商工会議所(愛知県、山本亜土会頭・名古屋鉄道)はこのほど、Webを活用して同所会員企業約1万社に依頼し876社から回答を得た「第34回定期景況調査概要(7~9月期)」の調査結果を公表した。

 同調査によると、全産業の業況DIは、前期(4~6月期)のマイナス66.4から、今期はマイナス31.6となり、前期比でプラス34.8ポイントアップ、マイナス幅は大幅に縮小し、4期ぶりに改善した。今期の業況は、調査開始以来最低となった前期からは上向きつつあるものの、「前期より悪化している」と回答した企業が48.3%と半数近くに上ることから、依然厳しい状況が続いている。

 業種別では、全業種の業況DIが改善。特にサービス業は、前期マイナス73.2から今期はマイナス27.8(前期比プラス45.4ポイント)と、マイナス幅は大幅に縮小した。

 来期の景況感について、全産業の業況DIの先行きは、今期マイナス31.6から来期(1012月期)はマイナス22.7と、今期比でプラス8.9ポイント上昇、マイナス幅は縮小し、改善する見通しとなった。

 業種別では、全業種の業況DIは改善し、特に卸売業は今期のマイナス47.4から来期はマイナス21.1(今期比プラス26.3ポイント)と、マイナス幅は大幅に縮小する見通し。

 詳細は、https://www.nagoya-cci.or.jp/file/survey34.pdf を参照。

 

 

 

名古屋商工会議所 http://www.nagoya-cci.or.jp/

中小企業関連情報 http://www.jcci.or.jp/sme/