トップページ > ニュースライン > 地域最前線 > SDGsパネル展示、身近に感じてもらい理解促す(鳥取商工会議所)

地域最前線

SDGsパネル展示、身近に感じてもらい理解促す(鳥取商工会議所)

 鳥取商工会議所(鳥取県、児嶋祥悟会頭・鳥取瓦斯)はこのほど、持続可能な地域づくりを目標に掲げたSDGsに関する展示コーナーを同所1階ロビーに開設した。これを記念して行われたオープニングセレモニーで同所の児嶋祥悟会頭は、「鳥取商工会議所SDGs宣言」を高らかに読み上げた。

 SDGsとは、国連加盟国が2016年からの15年間で達成を目指す17の国際社会共通目標のこと。同所はそのうちの一つである「17.パートナーシップで目標を達成しよう」の行動理念に共感し、同所会員でSDGsに先進的に取り組む13の企業・団体と連携しパネル展示を実施している。展示コーナーでは、将来を担う学生の研究成果などを紹介し、SDGsにつながっていることへの気づきを与える場としている。

 同所は「より多くの来館者がSDGsに触れ、身近に感じてもらうことで、住みたいまち・住みやすいまちづくりの実現を目指す」と意気込みを見せる。

 パネル展示は、今年度末まで行われ、時間は平日の午前9時から午後5時まで。

 詳細は、http://www.tottori-cci.or.jp/?p=13990を参照。

 

 

 

 

   鳥取商工会議所 http://www.tottori-cci.or.jp/

   地域振興情報 http://www.jcci.or.jp/region/

   中小企業関連情報 http://www.jcci.or.jp/sme/