トップページ > ニュースライン > 地域最前線 > リトアニア直輸入のドライフルーツを使ったパン・焼き菓子が誕生(岐阜県商工会議所連合会)

地域最前線

リトアニア直輸入のドライフルーツを使ったパン・焼き菓子が誕生(岐阜県商工会議所連合会)

 岐阜県商工会議所連合会(村瀬幸雄会頭、岐阜商工会議所)と株式会社コモは、2020年が杉原千畝生誕120年と命のビザ発給80年にあたることから、リトアニア直輸入のドライフルーツをふんだんに使った、おいしい「パン&焼き菓子」共同開発した。開発したのは、パネトーネミニ~リトアニアの森~と、ソフトコッティー~リトアニアの実り~の2種類。

 「リトアニア森」は、パネトーネ種を使用した口どけの良い生地に、甘酸っぱいブルーベリー、爽やかな酸味のブラックカラント、酸味が強くほろ苦いリンゴンベリーに優しい甘さのビーツを加え、風味豊かに仕上げた。「リトアニアの実り」は、リトアニアの森の材料を使用して、ワンハンド形状につくったソフトな食感の焼き菓子。

 この「リトアニアの森」5箱と「リトアニアの実り」1箱(6本入り)が入ったアニバーサリーセレクトが、送料無料の3000円で販売中。600セット限定販売で31日までネットにて先行予約を受け付けている。

 なお、売り上げの一部は現地カウナス市にある「杉原記念館」に寄付するという。

 詳細は、https://lithuania.gifuken-cci.com/を参照。

 

 

 

   岐阜商工会議所 http://www.gcci.or.jp

   地域振興情報 http://www.jcci.or.jp/region/