トップページ > ニュースライン > 地域最前線 > 約8割の事業所が影響ありと回答~新型コロナ影響調査~(大館商工会議所)

地域最前線

約8割の事業所が影響ありと回答~新型コロナ影響調査~(大館商工会議所)

 大館商工会議所(秋田県、佐藤義晃会頭・黎明舎種鶏場)は、会員企業を対象に216社から回答を得た「新型コロナウイルス感染症の経営への影響調査(令和2年7月10日~31日)」の結果を公表した。

 同調査によると、新型コロナウイルス感染症による7月以降の経営への影響について、「かなり影響がある」「やや影響がある」と回答した事業所は79.2%あった。具体的な影響として、「製品・サービスの受注・売上減少」を挙げた事業所が最も多かった。次いで、「イベント・商談会等の延期・中止に伴う受注・販売機会の喪失」「従業員や顧客の感染防止対策等に伴うコスト増」と続いた。

 労務(新規採用、感染防止対策など)の影響については、「かなり影響がある」「やや影響がある」と回答した事業所が60.2%あった。主な対策として「手指消毒・職場消毒の徹底」を挙げた事業所が最も多かった。

 詳細は、以下を参照。

http://www.odatecci.or.jp/wp-content/uploads/2020/08/covid-19impact20200710.pdf

 

 

 

    大館商工会議所 http://www.odatecci.or.jp/

   中小企業関連情報 http://www.jcci.or.jp/sme/