トップページ > ニュースライン > 地域最前線 > タクシードライバーと飲食店が、テークアウト料理の衛生管理を学ぶ(鳥取商工会議所)

地域最前線

タクシードライバーと飲食店が、テークアウト料理の衛生管理を学ぶ(鳥取商工会議所)

 鳥取商工会議所(鳥取県、児嶋祥悟会頭・鳥取瓦斯)観光・交通部会は27日、「テイクアウト、デリバリー料理の衛生管理研修会」を開催した。

 同所では、新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、タクシー会社と飲食店がタッグを組み「いなばのごちそうタク配」事業を行っていることから、受講対象は、テークアウト料理をお客さまの元へ運ぶタクシー会社のドライバーと、その料理を調理・提供する飲食店従業員ら。彼らに安心安全な食品提供に関する正しい知識を身に付けてもらい、共にこの未曽有の困難を乗り越えることを目的として開講した。

 講師は、鳥取市保健所生活安全課・衛生技師の米澤寧二氏が務め、この時期に多い食中毒の種類や食材の管理、調理の際に気を付けること、安全にテークアウト販売を行うポイントなどについて講演した。

 詳細は、http://www.tottori-cci.or.jp/?p=13935参照。

 

 

 

   鳥取商工会議所 http://www.tottori-cci.or.jp/

   地域振興情報 https://www.jcci.or.jp/region/

   中小企業関連情報 http://www.jcci.or.jp/sme/