トップページ > ニュースライン > 地域最前線 > 名店の味を感染患者受け入れ病院へ無料提供(大阪商工会議所)

地域最前線

名店の味を感染患者受け入れ病院へ無料提供(大阪商工会議所)

大阪商工会議所(大阪府、尾崎裕会頭・大阪ガス)と大阪観光局は7月、大阪府内の新型コロナウイルス感染症患者受け入れ病院の医療従事者に、有名レストランのシェフらが考案・調理した料理を無料提供するプロジェクトをスタートする。

1回目となる7月は大阪市立十三市民病院に、日持ちする焼き菓子約200人分を提供する予定という。現在決まっている参加店舗はミシュランガイドに掲載されているフランス料理店や日本料理店など、大阪や奈良の飲食店7店舗。同所に事務局を置く「食創造都市 大阪推進機構」が、企業の活動資金を提供する仕組みづくりや、病院との調整役なども務める。感染の長期化や第2波に備えながら、今後予想される自然災害時にも食で医療従事者を支援できるようなシステム構築を目指す。

 

 

  大阪商工会議所 http://www.osaka.cci.or.jp/

  地域振興情報 https://www.jcci.or.jp/region/

  まちナビ http://www.jcci.or.jp/region/town/

  新型コロナウイルス感染症対策事業 https://ab.jcci.or.jp/article/16709/