トップページ > ニュースライン > 地域最前線 > 駅前の空き店舗を活用し、異業種集う共有の仕事場を開設(田辺商工会議所)

地域最前線

駅前の空き店舗を活用し、異業種集う共有の仕事場を開設(田辺商工会議所)

 田辺商工会議所(和歌山県、榎本長治会頭・山長商店)は、25日、田辺駅前商店街の空き店舗を活用して、異業種の人たちが集う共有の仕事場「コワーキングスペース」を開設した。9月25日まで3カ月間の実験事業で、同所の「サテライト経営相談窓口」も兼ねて運営。コワーキングスペースの需要を調査し、JR紀伊田辺駅前に田辺市が来春オープンする市街地活性化施設の利用につなげることが狙いという。

 名称は「ワークスペース駅前」。個人テーブル6席、打ち合わせ用大テーブル、コピー&プリンター複合機、Wi―Fi完備で、営業は平日のみ10時~17時(土日祝日休み)。料金は1時間500円、1日1500円、月会員(1カ月)1万円。貸し切りは1時間1500円、午前のみ3000円、午後のみ4500円。25~28日は特別体験期間として、個人利用者には終日無料開放する。

 詳細はhttps://www.facebook.com/tanabecci/photos/a.408165245874309/2495160490508097/?type=3を参照。

 

 

 

   田辺商工会議所http://www.aikis.or.jp/~t-cci/

   地域振興情報http://www.jcci.or.jp/region/

   まちナビhttp://www.jcci.or.jp/region/town/

     中小企業関連情報http://www.jcci.or.jp/sme/