トップページ > ニュースライン > 地域最前線 > 県内事業所のAI活用推進に向け産総研と連携(神戸商工会議所)

地域最前線

県内事業所のAI活用推進に向け産総研と連携(神戸商工会議所)

 神戸商工会議所(兵庫県、家次恒会頭・シスメックス)は、県内事業所の人工知能(AI)のビジネスへの活用を推進するため、産業技術総合研究所(産総研)と連携、2019年5月、産総研と企業や大学との交流組織「人口知能技術コンソーシアム」(AITC)神戸支部ワーキンググループの運営業務を受託した。支部は、関西(大阪)、九州、東海に続いて4地域目。
 同所では、同支部の設立を記念し、28日、神戸ポートピアホテルでセミナーを開催する。AIの最新動向やビジネス活用事例を紹介するほか、終了後には講師との交流会も実施。定員60人。参加費3000円(交流会参加は別途2000円)。同所・AITC・新産業創造研究機構・兵庫工業会・神戸市機械金属工業会の会員企業は無料。
 詳細はhttp://www.kobe-cci.or.jp/category/news/event/?id=6098&titleを参照。

 

   神戸商工会議所http://www.kobe-cci.or.jp/
     地域振興情報http://www.jcci.or.jp/region/
     まちナビhttp://www.jcci.or.jp/region/town/
   中小企業関連情報http://www.jcci.or.jp/sme/