トップページ > ニュースライン > 地域最前線 > 6月15日、千波湖フォーラム2019「偕楽園公園と千波湖の可能性を探る」を開催(水戸商工会議所)

地域最前線

6月15日、千波湖フォーラム2019「偕楽園公園と千波湖の可能性を探る」を開催(水戸商工会議所)

 水戸商工会議所(茨城県、大久保博之会頭・リリー文化学園)は、水戸市の中心に位置する重要な資源である千波湖周辺を利活用した観光・地域振興について、新たな展開を見据えた提言につなげることを目的に、偕楽園公園と千波湖のさまざまな未来を展望する「千波湖フォーラム」を開催する。

 パネリストには、星野リゾート代表の星野佳路氏、グロービス経営大学院学長の堀義人氏、水戸市長の高橋靖氏と同所大久保会頭が予定されており、当日は活発な議論が期待される。

 開催日時は6月15日の13時~15時で、会場は常陽藝文ホール(水戸市三の丸1-5-18 常陽藝文センター7F)、定員は300人。

 本フォーラムの詳細・申し込みはhttps://mito.inetcci.or.jp/seminar2/832/を参照。

 

 

 

   水戸商工会議所https://mito.inetcci.or.jp/

   地域振興情報http://www.jcci.or.jp/region/

   まちナビhttp://www.jcci.or.jp/region/town/