トップページ > ニュースライン > 地域最前線 > 4月1日より「空き家の相談窓口」を開設(札幌商工会議所)

地域最前線

4月1日より「空き家の相談窓口」を開設(札幌商工会議所)

 札幌商工会議所(北海道、岩田圭剛会頭・岩田地崎建設)は4月1日、「空き家の相談窓口」を開設する。

 札幌市では空き家が増加傾向にあることから、2016年に市が「札幌市空家等対策計画」を策定。同所は市と連携し、空き家問題の改善、住宅・不動産業界の活性化に向け相談窓口を開設する。

 窓口では、札幌市内の物件を対象に、空き家・遊休不動産の所有者や相続人などからその活用、売買、相続や税金などの相談を受けるほか、適切な管理がなされていない空き家に関する近隣住民からの相談も受ける。

 相談は電話で受け付け、その後専門相談員が訪問したり、専門家を紹介するなど課題解決に向けた対応を行う。

 窓口開設に伴い、3月21日にスタートアップイベントを北海道経済センターで開催。空き家問題に関する講演とパネルディスカッション、個別無料相談会を実施する。定員200人。申し込み締め切りは3月15日。

 同イベントの詳細は、https://www.sapporo-cci.or.jp/web/events/details/post-538.htmlを参照。

 

   札幌商工会議所https://www.sapporo-cci.or.jp/

   地域振興情報http://www.jcci.or.jp/region/

   まちナビhttp://www.jcci.or.jp/region/town/