トップページ > ニュースライン > 地域最前線 > 非常用ガス発電機「ガス電くん」の試運転式を開催(藤枝商工会議所)

地域最前線

非常用ガス発電機「ガス電くん」の試運転式を開催(藤枝商工会議所)

 藤枝商工会議所(静岡県、山田壽久会頭・山田組)は1月29日、災害時の情報伝達・会員支援のためのインフラ整備・地域貢献の一環として同所駐車場に設置した非常用ガス発電機「ガス電くん」の披露・試運転式を開催した。

 「ガス電くん」は、LPガス(液化石油ガス)を燃料とする発電機。従来の電気回路とは別の専用回路を使用するため、災害時や停電中でも明かりを灯すことができる。これにより災害時に不可欠な携帯電話の充電も可能となる。

 同所では、2017年度から非常用発電機の導入を検討、一般財団法人エルピーガス振興センターの補助金を活用して、18年11月から「ガス電くん」の設置工事を始め、12月に設置を完了して今回のお披露目に至った。当日は、北村正平藤枝市長をはじめ、市議会議長、地元自治会長、町内会長や行政担当者・関係者らを迎え、試運転式を執り行った。

 また、同所は18年11月に、藤枝市と「災害時における一時避難・災害復旧活動への協力に関する協定」を締結。同所内に一時避難者約100人が1泊するために必要な食料や生活物資なども準備し、災害時に地域住民や会員企業の役に立つ商工会議所としての機能を備えた。

 (写真左:非常用ガス発電機、右:披露・試運転式の様子)

 

       

 

   藤枝商工会議所http://www.fujieda.or.jp/

   地域振興情報http://www.jcci.or.jp/region/

   まちナビhttp://www.jcci.or.jp/region/town/