トップページ > ニュースライン > 地域最前線 > 19日、レトルトカレー「赤貝カリー」を販売開始、農水商工連携事業で開発(松江商工会議所ほか)

地域最前線

19日、レトルトカレー「赤貝カリー」を販売開始、農水商工連携事業で開発(松江商工会議所ほか)

 松江商工会議所(島根県、古瀬誠会頭・山陰合同銀行)や松江市、松江市観光協会、地元農協、漁協などが構成メンバーとなっている「まつえ農水商工連携事業推進協議会」は、島根・鳥取両県にまたがる中海産のサルボウ貝(※)を使ったレトルトカレー「赤貝カリー」を19日から、道の駅本庄(松江市)などで販売を開始する。

 このレトルトカレーは、協議会が松江市の新たな特産品として観光客にPRするため、同所などがサルボウ貝の加工品化を呼び掛け、同市内のカレー店などとともに開発。辛さを抑えて子どもでも食べやすい商品に仕上げた。

 今月19~20日に広島市で開催される「島根ふるさとフェア」やホームページを通じた販売が予定されている。200グラム入りで価格は700円。

※サルボウ貝は、地元では赤貝と呼ばれ、中海漁業協同組合が養殖しているもの。

 

   松江商工会議所https://www.matsue.jp/index.html

   まつえ農水商工連携事業推進協議会http://www.matsue-renkei.jp/index.html

   地域のブランド戦略http://www.jcci.or.jp/region/brand/