トップページ > ニュースライン > 地域最前線 > 地酒約40銘柄を飲み比べ、2月16日に「二本松酒まつり」開催(二本松商工会議所)

地域最前線

地酒約40銘柄を飲み比べ、2月16日に「二本松酒まつり」開催(二本松商工会議所)

 二本松商工会議所(福島県、山口純一会頭・二本松信用金庫)は2019年2月16日、ウエディングパレスかねすいで、「2019二本松酒まつり」を開催する。

 同イベントは、地酒の魅力を市内外に広く発信し、ブランド化と消費拡大を図るのが狙い。二本松市の4蔵元(大七酒造、奥の松酒造、人気酒造、檜物屋酒造店)の約40銘柄を飲み比べできる。日本酒を使った特製カクテルや、耕作放棄地でブドウを栽培しワインづくりを行っている会社「ふくしま農家の夢ワイン」のワインも登場する。

 酒まつりの参加者には特典として、チケットに「地酒で一杯やんべ券」が付いており、2月16日~3月15日、市内の16飲食店で地酒を一杯無料で飲むことができる。

 また、酒まつり参加者限定の関連イベントとして、(1)4蔵の土によるマイぐい呑づくり(1月5日)、(2)上川崎手漉き和紙によるラベルづくり(1月19日)、(3)自分で造った新酒を会場で飲もう(2月2日)も開催する。

 酒まつりの入場料は4000円(おつまみ折詰代含む)。チケットは前売りのみで先着300人。同所および4蔵元で、12月17日から販売する。詳細は、こちらを参照。

 

 

 

   二本松商工会議所http://www.nihonmatsu-cci.or.jp/

   地域振興情報https://www.jcci.or.jp/region/

   まちナビhttps://www.jcci.or.jp/region/town/

   ものナビhttps://www.jcci.or.jp/region/monodukuri/