トップページ > ニュースライン > 地域最前線 > 商店街の飲食イベントでチケットレス実証実験を実施(福岡商工会議所)

地域最前線

商店街の飲食イベントでチケットレス実証実験を実施(福岡商工会議所)

 福岡商工会議所(福岡県/藤永憲一会頭、㈱九電工相談役)はこのほど㈱みずほファイナンシャルグループ、㈱みずほ銀行、㈱Blue Labと連携し、市内南区大橋・井尻・雑餉隈周辺の商店街等で実施される飲食イベント「第1回なんかせんばはしご酒大会」(10月31日~11月15日開催)で、初の試みとして、スマートフォンを用いてQRコード決済が可能な「電子チケット」を販売するチケットレス実証実験を実施する。

 はしご酒大会の参加者は「電子チケット」を購入して自分のスマートフォンやタブレットにチャージし、居酒屋など店舗に置かれたQRコードを読み取って支払いを済ませることができ、利便性が向上する。店舗側にとっては、リアルタイムで来客者数や属性、注文されたメニュー数を把握でき、今後のマーケティングや消費者行動の検証などにも活用できるようになる。地域(商店街)にとっても、集客や回遊性向上、消費喚起に繋がる。

 

電子チケットの販売など詳細は https://www.fukunet.or.jp/area/barwalk/barwalk_2018/10_11_hankasenba/ を参照。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<問合せ先>

 福岡商工会議所 経営相談部 商業・雇用支援グループ

 TEL:092-441-2169