トップページ > ニュースライン > 地域最前線 > 10月から「モバイルPOSレジ体験コーナー」を静岡事務所に設置(静岡商工会議所)

地域最前線

10月から「モバイルPOSレジ体験コーナー」を静岡事務所に設置(静岡商工会議所)

 静岡商工会議所(静岡県、酒井公夫会頭・静岡鉄道)は10月1日から、同所静岡事務所内にモバイルPOS(販売時点情報管理)レジ体験コーナーを設置している。

 この取り組みは、2019年10月に適用される消費税率10%への引き上げおよび軽減税率制度導入への対応を中小・小規模事業者へ促すのが狙い。軽減税率制度導入に伴い、事業者は帳簿・請求書・レシートなどの記載を税率ごとに区分する必要があり、軽減税率に対応したレジの導入や改修が必要になるためだ。モバイルPOSとは、タブレット端末を活用したPOSレジサービスのことで、既存のPOSレジに比べ導入・運用コストが安く操作が簡単などのメリットがある。

 体験コーナーには、モバイルPOSレジ(iPad、現金を保管するキャッシュドロアー、レシートプリンター、ハンディスキャナー)のデモ機3台を設置。各機にはそれぞれレジアプリ(Airレジ、USENレジ、スマレジ)をインストールしており、操作体験や各レジアプリの比較ができるようになっている。

 同体験コーナーは、2020年9月30日まで開設。

 (写真:モバイルPOSレジ体験コーナー。経営相談窓口の隣に設置)

 

   

 

   静岡商工会議所https://www.shizuoka-cci.or.jp/

   地域振興情報http://www.jcci.or.jp/region/

   まちナビhttp://www.jcci.or.jp/region/town/

   中小企業関連情報http://www.jcci.or.jp/sme/