トップページ > ニュースライン > 地域最前線 > 1日、七十七銀行と「海外ビジネス支援協力協定」を締結(仙台商工会議所)

地域最前線

1日、七十七銀行と「海外ビジネス支援協力協定」を締結(仙台商工会議所)

 仙台商工会議所(宮城県、鎌田宏会頭・七十七銀行)は10月1日、七十七銀行(小林英文取締役頭取)と国際化に対応した企業支援機能の強化を目指し、「海外ビジネス支援等に関する協力協定」を締結した。

 同協定には、「海外の経済情勢、法令及び規制等に関する情報の収集及び共有」「海外ビジネスに取り組む企業への各種支援」「訪日観光客の誘致に向けた活動」「その他相互に必要とする事項」に関して両者が協力して取り組み、仙台市・宮城県の地域や産業の活性化につなげていくことが盛り込まれている。

 今回の協定締結を受けて、同所では10月中旬より1カ月間、同行のシンガポール駐在員事務所に職員1人を派遣。期間中に開かれるアセアン諸国で最大の日本の食に特化した見本市「フードジャパン2018」に出展する地元水産加工会社のサポートなどを通じて、現地マーケットの動向について学ぶことになっているという。

 同所では「このイベントを通じて現地関係者とのネットワーク構築を図り、帰国後は、震災以降同所が継続的に取り組みを進める「伊達な商談会」をはじめとした販路開拓事業に生かしていくことにしている」と話している。

 詳細は、https://www.77bank.co.jp/pdf/newsrelease/18100100_kaigai.pdfを参照。

 

 

   仙台商工会議所https://www.sendaicci.or.jp/

   中小企業関連情報https://www.jcci.or.jp/sme/

   地域振興情報https://www.jcci.or.jp/region/