トップページ > ニュースライン > 地域最前線 > 地域連携で、子どもの見守り活動を開始(須坂商工会議所)

地域最前線

地域連携で、子どもの見守り活動を開始(須坂商工会議所)

 須坂商工会議所(長野県、神林章会頭・テクノエクセル)は7月1日より、同所の会員事業所のネットワークを生かした地域連携事業として、子どもの見守り活動「子ども見守り0031(ゼロゼロサンイチ)」事業を開始した。

 同事業は、近年子どもたちを巡る凶悪事件や虐待が全国で発生していることを受けて、「地域の子どもは地域で守り、育てよう」と発案したもの。同所に加入する約1100事業所に協力を要請し、日常の生活の中で子どもたちの異変や危険に気付いたら、同所や須坂市教育委員会、児童相談所(全国共通3桁ダイヤル)へ連絡してもらう。連絡を受けた同所や市教育委員会は、児童相談所や警察など関係機関に連絡して対応をとるという仕組みだ。

 0031とは、同所の電話番号の下4桁のこと。「市内では毎日何台もの営業車が走り、夜働いている人もいる。商工会議所のネットワークを生かして、地域全体で子どもたちの安心・安全を確保していきたい」と同所は話している。

 

   須坂商工会議所https://www.suzaka.or.jp/

   地域振興情報http://www.jcci.or.jp/region/

   まちナビhttp://www.jcci.or.jp/region/town/