トップページ > ニュースライン > 地域最前線 > 初の市民向け広報誌を発行、市内全戸に配布(川口商工会議所)

地域最前線

初の市民向け広報誌を発行、市内全戸に配布(川口商工会議所)

 川口商工会議所(埼玉県、児玉洋介会頭・児玉コンクリート工業)は8月1日、初の市民向け広報誌「move(むうぶ)特別号」を発行し、川口市発行の「広報かわぐち」と共に市内全戸に配布した。

 同所は、会員事業所や関係機関などに向けた広報誌「move」を毎月発行し、地域の動向や企業について発信しているが、今回、産業の視点で見た川口の魅力や商工会議所の取り組みを市民にも知ってもらおうと、特別号を発行することとした。

 特別号では、“高い技術力やノウハウを生かした優れた製品”として認定された「i-mono(いいもの)ブランド認定製品」からキッチン用品や雑貨など暮らしにまつわるいいものを紹介。また、同所の児玉会頭による商工会議所の取り組みの紹介や、9月28、29日に実施予定の市内工場見学事業「川口オープンファクトリー」参加企業の紹介、創業支援事例紹介など、盛りだくさんの内容だ。

 同誌は19万5000部作成、市内全戸へ配布したほか、市内公共機関などにも順次設置する。

 

 

 

   川口商工会議所https://www.kawaguchicci.or.jp/

   地域振興情報http://www.jcci.or.jp/region/

   まちナビhttp://www.jcci.or.jp/region/town/

   ものナビhttp://www.jcci.or.jp/region/monodukuri/